FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2018

我が家のお金の守り方

稼いだお金を守りながら更なる収入UPを目指す実体験です!!

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25

Category: 節税

Tags: ---

本文: 0  Trackback: 0

長期or短期?

今回も、「所得分散」を中心に「節税」を考えていきます。

前回から、考えられるパターンを2つ出しました。
1.税負担分を上回る所得にする。
2.年間の役員報酬を抑え、「役員退職金」で準備する。

1.のシュミレーションをしてみます。(おおまかな部分)
愛妻年間収入・・・103万の場合
所得税・・・0円
住民税・・・6,500円
社会保険料・0円
扶養控除 ・38万×0.33=125,400円 
合計131,900円の税負担増 差し引き+898,100円

141万の場合
所得税・・・9,800円
住民税・・・26,000円
社会保険料・183,102円
扶養控除・・125,400円       
合計344,302円の税負担増 差し引き+1,065,698円

240万の場合
所得税・・・40,400円
住民税・・・87,300円
社会保険料・310,344円
扶養控除・・125,400円
合計563,444円の税負担増 差し引き+1,836,556円

こんな感じです。

次に、「役員退職金」では・・・。
ここでは設定が必要になります。
1.役員在籍年数
2.役職
3.役員功績倍率(普通は役職により違います。大体会長3.3・社長3.0・専務2.0・常務1.5)参考までに。
4.退職時の「役員報酬」

「役員退職金」の参考計算方法として
役員在籍年数×役員功績倍率×直近の役員報酬額=「役員退職金の額」となります。
又、在籍期間が20年以下と20年超とでは課税計算が変わります。


240万を103万にし、「役員退職金」を4,000万にすると
退職金の支給額が4,000万円、勤続年数が29年3か月の人の場合

イ 勤続年数は、30年になります。(1年未満の端数は、1年に切上げ)

ロ 退職所得控除額 800万円+70万円×(イの勤続年数-20年)
    =800万円+70万円×10年=1,500万円

ハ 課税退職所得金額 (退職金の支給額-ロ)×1/2
    =(4,000万円-1,500万円)×1/2
    =1,250万円

ニ 税額 ハ×所得税の税率=1,250万円×33%-1,536,000円=2,589,000円

この場合の源泉徴収税額は、2,589,000円になります。

随分と割安な感じがします。(*^_^*)
その効果は、
(240万時の税額負担増-103万時の税額負担増)×30年-2,589,000=
10,357,320の「節税」!!

30年じゃあ長いので、10年でしてみましょう。
退職金の支給額が800万円、勤続年数が10年0か月の人の場合

イ 勤続年数は、10年になります。(1年未満の端数は1年に切上げ)

ロ 退職所得控除額 40万円×イの勤続年数=40万円×10年=400万円

ハ 課税退職所得金額 (退職金の支給額-ロ)×1/2
     =(1,370万円-400万円)×1/2=485万円

ニ 税額 ハ×所得税の税率=485万円×20%-427,500=542,500円

この場合の源泉徴収税額は、542,500円になります。

その効果は3,452,244-542,500=
2,909,940の「節税」!!


デカイですね!!まるで率の良い「投資」の様です。
ただし、税制改正という赤鬼の金棒がありますのでアンテナを張っていないといけません。

最後に、自分の「役員報酬」を増額した場合を比較させます。
103万の増額
所得税・・・・・3,848,200円
住民税・・・・・1,638,000円
社会保険料・1,296,596円
扶養控除・・・     0円  合計5,486,200円  現在支払税5,065,700円なので
合計420,500円の税負担増 差し引き+609,500円



やはり率が悪いです(-_-;)。これ以上は必要ありませんね。
後は、毎月の報酬が必要なのかor将来的にお金が必要なのか
しっかり見極めて考えていきましょう。

※上記シュミレーションは、私が個人的に行っていますので、数値について保障するものではありません。
又、H22年4月1日現在の計算方法に基づいています。
実際には税理士や社会保険労務士にシュミレーションをお願いしてください。<m(__)m>

一度はやってみる価値ありです!!考えよう!!!

応援お願いします!!!ポチット

スポンサーサイト

テーマ : ☆経営のヒント☆    ジャンル : ビジネス

Comments

Leave a Comment


プロフィール

涙の経営者

Author:涙の経営者
名前:涙の経営者
職業:小さな会社経営者
年齢:35歳
好きなこと:投資
嫌いなこと:嘘・いい加減  
  夢  :大金持ちになって、思いっきり人助けをする!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
ヤル気の素カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。